大好きな人が自分為に選ぶプレゼントその時間が愛おしい

ぼくが恋人から貰えると好ましいものは年齢に年齢の通算と同じ量の花束だ。アメリカの映像やドラマなど、実にアメリカの知り合いが恋人や旦那からバラの花束を年齢やおみやげお日様にもらっているのを何回か見たことがあるのですが、当の自体でない私でも見ているだけで感動してしまう。夫のひとは金額が高くて明かり小物なら女の子は喜ぶだろうと思っているのかもしれませんが、いよいよそれと同じくらい、又はそれ以上に花束をくれるのは嬉しいです。恋人さんがどういう外見して花屋さんにかいにいってくれたのだろうか、恥ずかしかったのかな?などを考えると、なるほど私のために本当にありがとうねといった思えて所作がありません。必ず100図書のバラは些か大袈裟すぎる気がするので、ほんのり容量を減らして自分の年齢に年齢の通算の花束を照れながら渡して受け取るって全然嬉しいなと思います。そうして魅力やうわべの華やかさだけでなく、その花の花言葉なんかも敢然と伝えてもらえるともう一度うれしいです。日本には多くの花屋さんがあるので、花束の維持自体はそんなにわかり易いというのでぜひとも、妻のことを思いながら大切なお日様、おみやげお日様、年齢、バレンタインデーなどに花束をプレゼントしようという夫のひとが増えてくれるのを至極期待しています。どうしても、大好きな人からいただけるものは何でも有難いと思います。引き渡すライバルの事を思いながら選んでくれているその時間もいとおしく思えますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です