日焼けのし過ぎはお肌にダメージUV対策が必要です

紫外線による影響をカットすることで、肌にしみが出来てしまう原因を取り除くことができます。強い紫外線を皮膚に浴びれば浴びるほど、肌が受けるダメージは甚大になりますので、屋外で活動する時は要注意です。強い紫外線を皮膚に浴びると、細胞の中にあるメラニン色素が増加して、お肌が日焼けによって黒くなります。一定時間がたつと、お肌の新陳代謝と共にメラニン色素も体外に排出されることになっています。お肌のシミは、皮膚細胞の中に残ったメラニン色素の黒い色が、シミのわうに見えるというものです。肌にしみを出来てしまわないように予防するためには、紫外線をカットする必要が出てきます。しみが肌に出来てしまったら、消しゴムで消すように即座には消えてはくれません。そのため、最初から肌にしみができないように、ガード策を講じておくことが大事です。かつては、太陽光を積極的に体に浴びたほうが健康にもよく、丈夫な体になれるものだと考えられていました。ですが、今では、紫外線を照射された皮膚はしみやしわがふえて老化しやすくなると言われています。ある程度は太陽光の下での行動がリフレッシュになりますが、日焼けのしすぎはお肌の細胞を損ねてしまうのです。肌のしみは放置しておくとどんどん濃くなるので、普段から紫外線をカットすることを意識して、対策を講じる必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です