陣痛のテンポが少なくナース呼びだしをとるのが大変でした

自分には現在2年といったやがて1歳になるお子さんがいる。今回のお産お話は、下の人のときのことです。
自分はどうも安産因習のようで、女房も姉もそうでしたので、遺伝的に今回のお産も無事故といったたかをくくっていました。
と言いますのも、最初のお産のときも、陣痛が来たな!と思い、目覚ましで10取り分テンポになるまでちゃんと日数を弾き、日記したりして余りな直感があり、病棟に着き陣痛室も、子宮口が甚だ開いてきて、陣痛のテンポが思い切り短くなってきたので、出産室へ赴き、合計で2日数程度のお産でナースさんからもいよいよなのにスムーズなお産でしたね、といわれる前後だったのです。
ですので、下の人のときは早朝に陣痛がきたのですが、早朝料金がかかったら少し高くなるから、惜しくも遅く行こうなどと、ある意味小馬鹿くさい理由で病棟へ出向く時間を遅らせていました。
病棟へたどり着くというなぜか陣痛が遠ざかってしまい、ただし子宮口は随分開いてきているので、些か室内を歩いて下さい、と教員から言われました。
鼻の毛穴の黒ずみを消せる
そうして病室に案内されました。陣痛が遠ざかってしまったので、ちょい大丈夫そうだし、少しベットで脇になりました。一緒についくてきくれた男性に、真昼めしも近くで買ってきたら?と言って、男性が病室から出て行った5取り分上くらいに、急遽破水してしまったのです!そこからの陣痛はとうに産まれみたい!という程に痛くて、特に、手元にあった携帯電話で男性「破水した!あっという間に戻って」って共鳴は出来たものの、そういったときに限ってナース呼びだしが少し上のあたりにあって届かなかったのです。
ほんとに陣痛のテンポが少なくナース呼びだしをとるのが大変でした。すぐに出産室に行き、30取り分以内でお産となりました。
波単独になるのは怖いですね。単独になり時折ナース呼びだしにポジションは絶対に手元にあるようにしておくべきだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です