家族が食べ残しをしないために始めた家庭菜園

主人という1年代って3年代の坊やという4人物ライフだ。
みずからなく一家のボディーを保つのが、私の一番の職種です。
そういった一家のボディーを保つために、連日どんな構図もいいので野菜を食べさせていらっしゃる。
断然連日家で採れた野菜を本当に1賜物ちゃぶ台に生み出すようにしています。
ただし、子どもたちは何となく野菜を食べません。
なので、それでは野菜ってどうしてできあがるのか見てもらい、一緒に育て上げることによって、野菜への意識を変えていければと思い、一家菜園を始めました。
地面製造から子どもたちと共に行ない、種まき、苗の植え付けなど簡単な運営は手伝ってもらっています。モンローウィンクが84%off!
なすやピーマン、オクラにトウモロコシなどの夏場野菜はもちろん、スモールトマトなど子どもたちだけで簡単に値打ちとれる野菜も育てました。
中でも値打ちが楽しいみたいで、自分で籠を仕向けるようになりました。
「こういうかぼちゃは何に決める?」など坊やと話しながら計画のお願いも受けるようにしています。
その野菜を毎晩ちゃぶ台に散りばめるという、少しずつではありますが、食べてくれるようになりました。
なるべく子どもたちの好きな味付けにしたり、ハンバーグやオムライスなど坊やの好きなものの中に、細く刻んで混ぜてみたりと、
多少なりとも良いので食べてくれればという工夫していらっしゃる。
中でもカレーライスの具材は時期の野菜を満杯としていらっしゃる。
カレーなら、苦手な野菜も盛りだくさん食べるようになりました。
おやつもかぼちゃプリンやスイートポテトなど、野菜によるおやつを坊やって組み立てることがありました。
今は生野菜を食べれるようになるのが対象だ。
一家菜園を通してから、野菜を取る時間です増えただけでなく、活動にもなり以前より体の調子がよくなりました。
これからも子どもたちのと面白く野菜づくりをし、より良い食育に繋げていけるよう努めていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です