大きいお腹でレントゲンを撮るのはハードでした

初めてのおめでた・分娩だったので里帰り分娩にする考えでしたが結果住居に舞い戻りうちの近くの助産院で産む実例にしました。但し考えお日様を10お日様過ぎても陣痛が来ず、共同先の市立医院で分娩することになりました。よもやそんなことになると思っていなかったので心の準備がまったく出来ていない上に、ドクターや助産師さんたちとも対話が取れていないときの入院になり心から不安でした。その上健診の結果、助産院では推定ウエイトが2800g?と診断されていたのですが市立医院では3500g?超えていると言われました。そうして頭も著しいので骨盤を落っこちる可能性があるので突如レントゲンを撮る実例に。結果は飛び込み受かるがたいでした。大きいおなかでレントゲンの台の上で何だかんだ体位を変えて撮って味わうのがハードでした。そうして入院して間もなく子宮口がてんで開いていないとの事でラミナリアを8誌はめ込み。事前にプロフィールもなく手入れされたので驚嘆でした。その夜はあまりの痛さで極めて眠れませんでした。翌朝、ラミナリアを取ってもらい健診。子宮口は4センチほどしか開いておらず、赤ん坊もからきし降りてきていませんでした。それから数分先々、推進剤最初。助産師さんには子宮口って赤ん坊の位置からして現在中に産まれないと思っていてと言われました。早くても半日は掛かると。ただし、推進剤を通じてから3タイミング先々、ザクザク赤ん坊が降りてくる感じが。その時未だにダディーに連絡していなかったので慌ててテレフォンしました。次々降りて現れる赤ん坊に助産師さんたちも慌て始めました。本格的に陣痛が始まりダディーがゴール。腰がメキメキとこのまま砕けてしまうのではという痛さでしたが順調に頭、肩、アクセスと出てきてくれました。結実陣痛開始から3タイミングの足つき出間でした。そうしてウエイトは3970g?でした。あまりのがたいに出産室がざわつきました。産後暫く腰にめざましい苦痛がありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です