食育の為の家庭菜園、収穫が楽しみのようです

恋人という1歳って3歳の赤ん坊という4ヒト生計だ。
みずからなく一家の丈夫を保つのが、私の一番の役回りです。
そういった一家の丈夫を保つために、常々如何なる格好もいいので野菜を食べさせてある。
とにかく常々家で採れた野菜をしっかり1製品食卓にもたらすようにしています。
但し、子どもたちは随分野菜を食べません。
そこで、では野菜ってどうしてできあがるのか見てもらい、一緒に育て上げることによって、野菜への意識を変えていければと思い、所帯菜園を始めました。
花粉に効く乳酸菌について詳しく知りたい人はコチラ
土分析から子どもたちと共にし、種まき、苗の植え付けなど簡単な課題は手伝ってもらっています。
なすやピーマン、オクラにコーンなどの夏場野菜はもちろん、豆トマトなど子どもたちだけで簡単に収穫やれる野菜も育てました。
別に収穫がおかしいみたいで、自分で籠を持ってくるようになりました。
「こういうかぼちゃは何に決める?」など赤ん坊と話しながらカリキュラムの請求も受けるようにしています。
その野菜を毎晩食卓に盛るって、少しずつではありますが、食べてくれるようになりました。
極力子どもたちの好きな味付けにしたり、ハンバーグやオムライスなど赤ん坊の好きなものの中に、細く刻んで混ぜてみたりといった、
多少なりとも良いので食べてくれればという工夫してある。
別にカレーライスの用具材はシーズンの野菜を満載としてある。
カレーなら、苦手な野菜も盛りだくさん食べるようになりました。
おやつもかぼちゃプリンやスイートポテトなど、野菜によるおやつを赤ん坊と調べることがありました。
今は生野菜を食べれるようになるのがスタンダードだ。
所帯菜園を通じてから、野菜を採り入れるキッカケです増えただけでなく、動きにもなり以前よりコンディションがよくなりました。
これからも子どもたちのと面白く野菜製作をし、より良い食育に繋げていけるよう努めていきたいと思います。

,,,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です