長男はなかなか生まれず誘発出産しました

おめでた後期から、血圧が少しずつ上昇しだし太り過ぎ妊婦だったこともあり39週間で誘発お産をすることになりました。
月曜日に入院して夜に内診してもらったまま乳児は、未だ降りてきていないし、子宮口も一向に開いていなかった結果通称内診グリグリをされて、子宮口を広げる為にラミナリアという海綿を12ガイド入れられました。シボヘール【葛の花サプリ】初回980円キャンペーン実施中!
内診グリグリも跳ね上がるほど痛かったし、ラミナリアを含めるのも甚だしく痛かったし、入れてからは違和感があって駆け回りにくかったりで大変でした。そうして高位破水やることも分かりました。
破水やることによって、タイムリミットがありました。数日中に分娩できないと帝王切開になる恐れがでてきました。
その日は丸ごと安眠で、翌朝にまた内診もらい子宮口が3センチ解き放ちました。そうして、その日から点滴で陣痛育成剤を半ごとに分量を増やして早朝の9拍子から17拍子までいれてもらいました。但し毎日視線は陣痛にぜんぜん繋がらず17まま終わって点滴を外して深夜もしっかりでした。
そうして次の日も同じく朝から育成剤の点滴をしました。昨日と違ったのは少しだけ苦痛がついてくるようになりました。正午内は苦痛でご飯を食べるのが難しくなりましたが、元来夕方になるにつれて苦痛が遠退き、また明日に仕切り直しになりました。
そうして木曜日それまでと一緒で朝から点滴、昼下がりの14拍子内から陣痛と思われる苦痛に襲われました。ただしスゴイ進みが悪賢い結果また次の日に仕切り直しで点滴をはずしましたが、客間にもどって1日数くらいで凄い苦痛とともに嘔吐し陣痛室に引き返しました。
丸ごと陣痛も進み、尋常じゃない苦痛に持ち堪えながら14ときの陣痛から8日数のお産日数で長男が生まれました。
どうにも陣痛がつかなくて着いたのは育成剤3お日様視線で私も精神もクタクタになるほど大変でしたが、生まれた途端に忘れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です